HOME > 山形県歯科医師会について

当歯科医師会について

会長挨拶

「ようこそ山形県歯科医師会ホームページへ」


山形県歯科医師会
会長 永田 秀昭

 「食べることは生きること、生き続けることは食べられること」です。よく噛んで美味しく食事ができることが人間のQOLの基盤であると思います。近年、歯と口の健康が全身の健康と大変密接な関連があることを裏付ける多くの調査研究が報告されています。

  超高齢社会を迎えた日本において「昨日食べたものが美味しかった」と言って天寿を全うできることにお手伝いできることが我々歯科医師の役割であり、また喜びでもあります。皆様もご承知のこととは思いますが「8020運動(80歳になっても自分の歯を20本以上健康な状態で残そうという運動)」は県民の皆様のご理解によりその成果が徐々にではありますが表われてきていることに感謝を申し上げます。人生の最後まで自分で食べられるという生活を支える「8020運動」の進展は目標に近づくにつれ、80歳で20本の歯を残すことがゴールではなく、残すことができた多くの歯を更に守り、充実した人生を過ごすためのお手伝いをすることが我々歯科医師の願いです。歯科医院に通院が困難な方々には、我々会員が訪問歯科診療を行っております。お気軽に本ホームページを使っていただくか、地元の歯科医師会または、これまで通院されていた歯科医院にご相談して頂ければ幸いです。

  また、このホームページをご覧になって、口と歯の大切さを再認識され、皆様の充実した人生のQOLの向上を目指して、最低でも年2回の定期健診を「かかりつけ歯科医院」で受けて頂ければ幸いです。「生きる力を支える歯科医療」が我々の使命であります。

  このホームページにより一人でも多くの県民の皆様と我々との「絆」が深まりますよう祈念いたします。

活動内容

皆さんは歯科医師会に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。

まず第一に浮かぶのは歯の痛み、そして怖い治療を連想した歯医者の姿、そして歯科医師会とはその歯医者が集まって作っている利己的で、閉鎖的な組織と思っているのではないでしょうか。

しかし、本当は違います!!
皆さんが歯が痛んで歯医者さんに駆け込むのをなるべく減らすための予防活動や、痛くなく、気持ちの良い治療を目指した勉強(学術研修といいます。)等を組織を挙げて取り組んでおります。 また、会員である歯医者さん達が健康でいつもやさしく患者さんに接するために会員の福祉にも力を入れております。

山形県歯科医師会は皆さんの口の中が健康で毎日の食事がおいしく、楽しく暮らせるようにすることが第一の目的として歯医者が集まって作っている団体で一般社団法人となっております。

山形県歯科医師会及び関連団体組織機構図

社団法人山形県歯科医師会
〒990−0031 山形市十日町二丁目4番35号    アクセスマップ
電話:023−632−8020(代)/ FAX :023−631−7477
PAGETOP